液晶にトラブルがあるときの修理・復旧ガイド

液晶にトラブルがあるときの修理・復旧ガイド
液晶にトラブルがあるときの修理・復旧ガイド

パソコンの液晶を修理・復旧するには

パソコンの液晶って、壊れるまでは丈夫なものだと思っているのですが、いざ壊れてみるとけっこう脆いものなのですよね。液晶で一番ありがちな状態は、パソコンを落としてしまって、液晶が割れてしまったというものでしょう。落とし方によっては本体のほうが壊れてしまいますが、液晶だけ壊れるパターンもあります。また、ペンなどで液晶をつついてしまったり、書き物をしながらペンを使っていて、そのペンを挟んでノートパソコンを閉じてしまうと、液垂れのような状態になってしまいます。表面は割れていなくても、中が割れてしまっているのですね。また、長年使っている液晶はライトが劣化して、よく見えなくなることがあります。明るすぎたり暗すぎたり、ひどくなるとちかちか点滅することも。

こうした状態になった場合、真っ先にメーカーの修理を頼むことを考えるのではないでしょうか。私もメーカーの修理を頼みました。まだ部品が生産していれば交換してくれるからです。もし、メーカーに部品の在庫がない場合、諦めずに電気屋の修理や、液晶専門の修理屋をあたってみると良いかもしれません。そちらには在庫があったり、液晶を交換せずに修理をすることが可能な場合もありますよ。本体を買い換える余裕がない場合や、今のように新しいOSが出たばかりで安定するまで待っていたい場合は、できれば液晶を修理・復旧して今までどおり使いたいものですよね。もし万が一の場合は、メーカー以外のお店で修理を試みることをお勧めします。

Copyright (C)2019液晶にトラブルがあるときの修理・復旧ガイド.All rights reserved.