液晶にトラブルがあるときの修理・復旧ガイド

液晶にトラブルがあるときの修理・復旧ガイド
液晶にトラブルがあるときの修理・復旧ガイド

液晶はやきつきで修理・復旧することは少なくなったようです。

液晶ディスプレイっていいですよね。綺麗にうつるし、見栄えも素敵です。薄いので、置き場所にも困らないし、いいなって思います。ただ、昔、液晶ディスプレイって長くつけっぱなすと、焼きつきがあって、修理・復旧の必要が出てくるといったものですが、最近はずいぶんとそのあたりもよくなっているようです。

技術進歩は早いなあって思います。特に海外製品が日本に簡単に入ってくるようになって、価格も安くて、デザインや性能もいいものがたくさん目にするようになりました。昔は30万近くもしていたパソコンが、今では5万ぐらいでも当時の30万のものよりもずっといいものを買えてしまうのだから、すごいものです。昔のいいと思われていたものは、今では誰もが持っている普通のものっていうのはなんだか世の諸行無常を感じてしまいます。それだけ、広く普及したということを賞賛すべきなのかも知れませんが。ただ、そういうのってきっと提供する企業側は大変なんでしょうね。しのぎをけずってコスト削減をして、薄い利益を積み重ねて収入にしているって聞くので、大変だなあって思います。日本は人件費も高いし、土地代も高いのだから、海外ブランドに負けないようにするには、それ以上の苦労があるんだろうなって思います。その1つの方針として、人件費の安い海外に工場を置いて、現地で作るというのがあると思いますが、それも現地の人の指導などを考えると、かなり大変だろうなあって思います。それこそ指導するよう、企業に選ばれた人は、何年も現地住んで人を動かしていくんだろうなあって思うからです。長い現地暮らしになれば、単身赴任ってことになるかもしれないし、食生活もなれなくてはなりません。日本で暮らす以上にストレスも多いんだろうなあって思うと、あまりに安い家電を使うと、そういう苦労をしてきた人に悪い気がしてしまいます。

Copyright (C)2019液晶にトラブルがあるときの修理・復旧ガイド.All rights reserved.